犬の健康を保つために与えるべき食べ物

飼い犬は自分で健康管理を行えません。

そこで、飼い主が犬の
健康に気を使った食事を与えて下さい

 

 

味の濃い人間の食べ物はNG!

 

まず、味付けの濃い
人間の食べ物は与えないで下さい。

犬

 

特に菓子類などの糖分を多く含む食品は
犬の体に害になるので控えましょう。

 

また、まだ物を食べられない子犬の場合は
犬専用のミルクを与えて下さい。

犬の消化器官では
人間用の牛乳を消化できずに
お腹を壊してしまうからです。

専用のミルクはペットショップで購入できます。

 

物を食べられるようになったら
市販のドッグフードが良いでしょう。

市販のドッグフードは手軽に入手できる上に、
それだけで必要な栄養を得ることができます。

 

また、大半の商品が封を開けるだけなので
子供でも食事の準備が可能です。

 

 

犬の年齢に合わせたドッグフード選びを

 

ドッグフードにはドライタイプや
ウェットタイプの商品があります。

最近では犬種別や
年齢に合わせた商品が販売されています。

 

その中で愛犬にとって
最適なドッグフードを選んでみて下さい。

 

一方、飼い主が自分で犬の食べ物を準備する場合は
鶏のささみや野菜を細かく切って茹でたものがお薦めです。

 

味は付けなくてもかまいませんが、
犬の食べ物にはネギ類は絶対に入れないで下さい。

 

もし、栄養が足りないと思ったら
おやつ等で補ってあげましょう

犬用のチューインガムは噛むことで
ストレス解消にもなるので与えてみて下さい。

 

犬も人間同様に
食生活が健康に大きな影響を及ぼします。
そこで食事で飼い主として健康を気遣ってあげて下さい。

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>